シンガポール最大のカワセミはワイルド顔。コウハシショウビン May 2021

Stork-billed Kingfisher, Pasir Ris Park car parkB

シンガポール最大のカワセミといえば、コウハシショウビン。日本にいた頃は、憧れの鳥の一つでした~!!!南国にぴったりのカラフルな体毛、ワイルドな鳴き声。体長は35センチ位で、一般的なカワセミの倍近い大きさがあります。性格も苛烈で、縄張りに入った猛禽をものすごい威嚇で追い払います💦

パシリス公園のとある駐車場から100メートル位の所にある橋で、3回に1回位の確率でこのコウハシショウビンと出会えます。この日はラッキーにも橋の近くの枝にしばらく停まってくれたので、何回もシャッターを切ることができました。しかも暑くて暑くて猛暑の中でしたが、日光がさんさんと降り注いでいい感じ。カメラマン30人位が一挙に集まりパシャパシャ撮っていました。当のコウハシショウビンは全く気にしてませんでした。大物!

こうして改めて見てみると、くちばしの大きさが目を引きます。色もそうですが、目立ちますね。これなら結構大きめのトカゲを食べちゃうのも納得。羽のあたりの色はカワセミに似ています。カラフルな色をしていますが、けっこう自然に馴染むので、探すのに苦労することもあります。この日は鳴き声を聞くことはできませんでしたが、結構な声量で鳴くのですぐわかります。

一脚が自立式では無いので、ブレてますが動画もどうぞ(笑)

Follow me
PAGE TOP