和名のないレアなヒタキ撮った!Jan 2022

Green-backed Flycatcher, Dairy Farm Nature Park

バイブルによると、シンガポールで観察できるヒタキは10種類です。ついに8種類まできました!!紹介するのは『Green-backed Flycatcher』で和名はありません。日本には迷鳥でも来てないようです。

この鳥は、冬にシンガポールへ渡り鳥として来ますが、分類は「Rare」! 「Uncommon」以上であり、これまで何度も情報を得て出向くも空振り続きでしたが、やっとリベンジ達成です。朝8時半頃、デイリーファームにあるホルスタインの置物側に出てくれました。

いやーカワイイ!いつものモフモフ健在!この個体はオスですが、ヒタキ類はオスメスともに最高にカワイイです。見た目はYellowr-rupmed Flycatcher(キビタキ)に似ていますが、黒ではなく黄緑色と黄色の組み合わせが特徴的!

ちょっとお腹がふっくらしてるようです。栄養蓄えてるなー。そろそろ旅立とうとしているのかな?

名前のとおり背中は緑色。純粋な緑というよりは、抹茶色のような渋めの緑色です。黄色部分はキビタキより少し淡い感じがするかな?キビタキの黄色はまんま黄色!って感じですよね。

これで残るヒタキ類は、『Mangrove Blue Flycatcher』と『Brown streaked Flycatcher』のみとなりました。Mangroveはシンガポールにきてから一度も観察事例がないので、まずはBrown に注力しまーす!

近くにDark sided flycatcherも、静かに佇んでました。

Follow me

コメント(2件)

  • Kamui より:

    Myna & Miyakoさん

    Happy CNY!!

    Green-backed Flycatcher、かわいいですね。
    Flycatcherの見分け方は、本当、難しいです。特に現地で見かけた直後は。。。私の場合、例え、写真におさめたとしても、きっと現地ではYellowr-rupmedと思いこみ、後で、おーー、ってなるタイプの鳥かと。。これまでも結構ありました。笑

    それにしても、Flycatcherはあと2種なんでね。頑張ってください!
    素敵な写真を楽しみにしています。

    それではまた。

    • myna&miyako より:

      Kamuiさん、旧暦新年おめでとうございます。
      シンガポールは、いま赤い街になっていますよ。赤は見るだけで
      元気が出るような気がします。
      かわいいヒタキ類、しかし、顔がみんな似ているし、色もはっきりしているものと
      似通っているものと。。。奥が深いです。今回のGreen-backedは、キビタキによく似ています。
      確かにファインダー越しだとキビタキと勘違いしてしまうと思います(^_^;)
      残りの2種類はほぼ迷鳥扱いしても良いくらいだと思うので厳しいですが、頑張ります!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP