シンガポール野鳥図鑑に記載のないPitta遂に撮った(ヤイロチョウ)Nov 2021

Fairy Pitta, Hindehede Nature Park

我が家のバイブル、「Birds of SINGAPORE」ではPittaことヤイロチョウは、Hooded Pitta, Blue-winged Pitta,Mangrove Pittaの3種類が記載されています。幸運なことに、すべて観察済です。(2021年11月現在)

今回、ご紹介するのは同書に記載のないFairy Pittaことヤイロチョウです。同種は、日本の高知県でごく稀に観察できるヤイロチョウと同じ種類であり高知から来た可能性もあります。

「Birds of SINGAPORE」は、迷鳥をはじめとして通常観察されない鳥は記載されません。そんなレアな渡り鳥Fairy Pittaが現れたのは2年振りとのことで、シンガポールバーダー界はまたまた祭りです。

来てるとの話を聞いたのが日曜日。さっそく向かうも、ものすごい人でごった返していていいポジションが取れず撃沈。平日仕事帰りに寄ってみるも空振り。3回目のトライで、やっと観察できました。ただ、混雑を避けるため早朝の撮影だったため、暗いうえにとても遠い。。。撮影がとても難しかったです。

Blue-winged Pittaととてもよく似ており、違いは側面部の青い羽部分が僅かしかない事です。いわれて気づく感じですかね。大分人馴れしていて、昨日撮った人の投稿を見るとかなり近くに来たようだったのですが、今日は遠くからこちらをうかがうような感じで、寄ってくることはありませんでした。流石に警戒されたのかも。。。

もともと暗い林の、数十メートル先にいたのでこれが限界でした。でも、肉眼でもなんとかわかりましたし、まあ満足しています。一緒に撮ったバーダーさんたちと譲り合いながら撮影できたのでそれも良かったです。

参考までに、過去のPitta観察ブログをご紹介。Blue-winged Pittaが観察しやすいです。去年も観察事例が多かったPittaです。

それにしても、ヒンデヘーデがアツいです。次はどんなレアな野鳥が来てくれるんだろう?楽しみです。

Follow me
PAGE TOP