幻のアムールサンコウチョウ! Sep 2021

Amur Paradise Flycather, Botanic Garden

この時期、日本ではサンコウチョウが渡ってきてます。同じ時期に、シンガポールにもアムールサンコウチョウが来ています。日本では、迷鳥扱いでまず見れない鳥です。

どうして同じ時期に北と南に別れて滞在しているのでしょうか?離れて渡っているのかな?

シンガポールでは one day birdと呼ばれており、すぐにいなくなってしまうのが残念です。そのため、出たとなると仕事を休んで撮りに行くバーダーさんが数多くいます。今回私たちはたまたま休みの日に出会うことができ、ラッキーでした。真っ黒な顔に立派な髭。くりんくりんの目。まさに star bird です。

毎年、シンガポールのヒーリングガーデンにこの時期現れます。以前にFlycatherは10時から14時の暑い時期に見られる(餌の昆虫が活動的なので)と聞いたのですが、その時間はバーダーでごった返すので朝イチで向かったのが功を奏しました!

インド系のご夫婦が先に見付けていて、快くいる場所を教えてくれましたー。ありがたい。

帰宅中に「コンニチワ」と話しかけらました。誰かとおもったら、以前にトムソンネイチャーパークでお話した女性バーダーでした。サンコウチョウがいる場所を伝えたところ、喜んでもらえて嬉しかったです。

ちなみにオスは真っ白で尾っぽが長いです。今回みたメスと異なり、本当に見れない(色が目立つのと、尾っぽが長すぎて飛翔能力が低く猛禽に狙われやすい(-_-;)) タイにいった時に見たときは感動でした。

ちなみに日本のサンコウチョウはJapanese Paradise Flycatherと呼ばれています。シンガポールではアムールサンコウチョウよりレアでなかなか見れないです。神奈川の逗子でみたのが懐かしいなー。

Follow me
PAGE TOP