シンガポールの骨董市?? Feb2021

Thow Kwang Pottery JungleJurong

食べ物と、それに合うお皿って結構重要ですよね。うちにはケーキに合う大きさのお皿は和風のものしかなく、ずっとほしいと思っていました。今回、窯元があると聞いてケーキ皿を探しに、ジュロンまで行ってきました。

日本では何回か窯元へ行ったことがあり、窯を見たことがありました。シンガポールでは人生ではじめて窯をみたのですが、日本と似ています。昔から変わってない製法のようですね。なんか不思議。。。

ドンキのように広い店内に、所狭しと陳列されてます。雑然としていますが、自由な感じで私は好きです。このニワトリ柄シリーズ、カワイイ。

藍色に水玉柄もいいですね。使いやすそう。しかも一つ5ドルや10ドルとお安い!

1メートルを超える巨大な陶器もたくさん。見てるだけでも楽しいです。そういえば、高級住宅地の庭に巨大なツボが置いてあるのを見たことがありましたが、こういうところで購入して、飾っておくのですね。

お客さんはけっこういて、欧米人のお客さんが価格交渉してました(笑)

プラナカン模様の食器、こちらは絵付けが綺麗でした。帰国前には再訪問して購入しようかな~。プラナカンの食器は自分的には観賞用かな、と思っていて。色は豊富ですが図柄が同じです。一つ一つ手で描いているので、一枚一枚表情が少し異なるのが面白いです。色合いが明るくてきれいなので、部屋に合ったら明るくなっていいなと思います。

場所なんですが、結構凄いところにあるので、グラブなどで向かった方がいいです。バスもありますが、最寄りから歩いて10分くらいかかりそうですし、もし陶器を購入するとなると帰りは荷物になりますしね。店内にはろくろ体験をする施設もあり、60SGDで行えるようです。箱根でやりましたが、こちらの方が本格的な割にお安いし今度トライしてみます。

所在地: 85 Lor Tawas, Singapore 639823

Follow me
PAGE TOP