レアだが人気が今ひとつなホオジロムクドリ Nov 2021

Asian Pied Starling , Sungei Tengah

Asian Pied Starlingことホオジロムクドリ。野生動物保護に関する仕事をしているローカルバーダー仲間から、珍しい野鳥が出ていると詳細な場所を教えてもらったのでお出かけ。

Sungei Tengah、あまり訪問した事のある日本人はいないと思いますが大きな河があるのが特徴です。探鳥でなければまず行かない地域でした。基本的になにもない場所で、養魚場とかあるくらい。陸の孤島のようなところであり、北西部までいかなくてもこんなところがあるんだと知れたのは良かったです。ゴルフ場はありました。自転車族は結構いたのでルートがあるのかも知れません。

朝イチで行くも、バーダーが一人だけ。ざっと見渡したところ、鳥の姿なし。昨日は30人以上が数時間待っていたと聞いてたので、もういないのかなあと不安になりながら待つこと10分。

いきなり現れました!

インドでごく普通に見られるムクドリだそうですが、海を越えた渡りはしないので何故シンガポールにきたかは不明との事。今年は、例年になく普段はしない渡りをするレアな野鳥が多いです。ラッキー!!!

うーむ、可愛くは・・・ない(笑)顔はなんとなくコンドルに似ている??野性味あふれる顔立ちです。色合いは死神の使いっぽい。レアなのに、盛り上がってないのはムクドリだからかな。こちらでもムクドリ、ヒヨドリは不人気ではあります。

鳥ってとぶとき、脱力して落ちていくんですね。元気でね!

場所はチョアチューカンの西。川沿いの草原に居ることが多いです。私たちはこの一羽しか見かけませんでしたが、もう少し顔部分が白いのもいるようです。そちらの方が「ホオジロ」っぽいですね。私たちの見た個体だと「ホオオレンジ」でしたもんね。。。

Follow me

コメント(2件)

  • ソロモンオウム より:

    Myna & Miyakoさん、こんばんは!
    確かにTengaのエリアって町も公園もないので、シンガポールのアウトバックという感じですよねw。ファーム系(植物の蘭や熱帯魚など)が結構集まっているエリアなので、私は自転車で良く行きます。長い直線道路が多いので、ロードバイクをやる人は良く攻めてますね。

    このムクドリ、顔のオレンジがあるから「死神ルック」ではなく、結構オシャレだと思うのですが。ムクドリは目が怖いし 大群でギャーギャー騒いで行動するので一般受けはしないでしょうが、個人的には九官鳥の仲間なので人懐っこく賢いので、結構好きな仲間です。シンガポールのマイナも白のワンポイントがオシャレで、オレンジの嘴&足と相まって日本のムクドリよりはるかにオシャレだと思います。

    ところでホーカー飯をいろいろご紹介下さり、大変ありがたく活用させていただいています。先日チャイニーズガーデン近くのユーファの中華屋さんに行きましたが、おすすめの小籠包と担々麺、仰るとおり絶品でした。
    あの値段であのクオリティはすごいですね・・。
    ボタニックガーデン近くのアダムスロードのホーカーは、夕食の時間に行ったらナシレマの店は両方とも閉まっていたので、タンパガまで戻ってきて、ココナッツクラブで高い(ので当然美味しい)ナシレマを食べました(すでにナシレマモードになっていたので・・。)。
    今週末にぜひリベンジしたいと思っています。来週はベドックですね!

  • myna&miyako より:

    ソロモンオウム様 おはようございます!
    オシャレなムクドリ、そうですね。死神の使いというよりクールな感じかも。

    紹介したお店に訪問してくれると、やりがいがでます。ありがとうございます。ユーファーのホーカー、絶品ですよね。帰国されたバーダー仲間から教えてもらったのですが我々もお気に入りです。
    ココナッツクラブ、初めて知りました。今度チャレンジしてみます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP