あの鳥がシンガポールではレア!?Apr2021

White Wagtail, Paddyfield Pipit, Sembawang

日本では身近なハクセキレイ。わりと都会の方でもみかけますね。シンガポールは、ヤイロチョウ、タカ、フクロウと様々な種類の人気野鳥がいますが、普段セキレイ類はあまり見れません。だからなのか、ハクセキレイは今とても人気を集めています。

我々も、シンガポールでは初めて見ました。今回のはハクセキレイのようですが、シンガポールに来やすいのはタイリクハクセキレイだそうです。日本のハクセキレイがこのタイリクハクセキレイの亜種なんだそうです。違いは目のところにスッと入る線が歩かないか。今回のは黒い線が入っているのでハクセキレイだとわかります。

ぴょこぴょこした尾っぽが可愛い!皆、パシャパシャ撮りまくりでした~!

一方で、ヒメマミヂロタヒバリ。日本では見れませんが、誰も注目しておらず、我々しか気にしていませんでした(笑) 日本で見られるマミヂロタヒバリより小さく、15センチ位でクチバシの上部分が丸いのが特徴です。

ググってみると、このタヒバリ系は分類が難しいようです。はっきりとした特徴がないようです。今回ヒメマミヂロタヒバリとしたのは、信頼しているシンガポール人バーダーさんがそのように書いておられたので採用しました。顔が可愛い鳥です。元気で、ほとんど止まらずに動き回っていました。

センバワンの原っぱ、珍しい野鳥の宝庫でした。数種類の同じような体格の野鳥たちが群れを作ってシンガポールで過ごしているのが見れてよかったです。

Follow me
PAGE TOP