まずはバードガイド探しから May 2022

Find a bird guide

海外探鳥をするときには、現地のバードガイドさんを頼む方が個人探鳥よりもずっと楽しめます。過去に台湾、セブ島などでは、ガイドさんを頼まず自力探鳥でした。まあまあ探せましたが、レアな野鳥になるとなかなか難しい面もありました。

以前は、英語が不安だったのと自分たちでも充分みつけられると思っていたからですが、一度頼んでからは見れる野鳥の数が飛躍的に増えるのと、地元の方としゃべる機会が増えて旅の思い出が増える事から、毎回お願いしてます。

しかし、今回(ミンダナオ島・ダバオ周辺)はガイドさん探しに苦戦しました。そもそもコロナ渦でガイド提供会社のホームページが数年も更新されておらず活きてるのかどうかわからないのです。。

加えてフィリピンにはバードガイドを提供している会社が少なく、かつレスポンスが悪めでした。情報が極端に少ないのです。

そのため、下記のバード会社2社と、『Bird pf Philippin』の著者にFBからコンタクトをとって相見積もりをとりました。

相見積もりの結果は、どちらも6日間でガイド料、車代、ホテル代込みで40~45万円。うーん、高い!!フィリピンは物価が安いのに、なぜベトナム、タイの倍以上なのか。。相場だといえばそうなのかもしれませんが。。。

そんな中、シンガポールのバーダー友人から良い知らせが。ガイドさんを紹介してくれるとの事!!詳しく聞いてみると、価格は半値以下。ガイドさんは上記2社のうちの一社から紹介されたガイドさんと同じ方でした。そもそもバードガイドさんの数が少なそうです。そして、フィリピンは中抜きが多いかもしれないです。

ただし、参考までに、2人利用での45万円のコースは、見積り時に詳細な日程案とどの場所で何が見れるかかなり具体的にあり、プロ向きかもしれません。Simpsonさんというイギリス人ガイドで、欧米人ガイドだから?高額ではありますが要望には応えるという雰囲気がやりとりから感じました。

私たちは、友人から紹介を受けたZardof(ザルドフ)さんという陽気なフィリピンバードガイドさんに決めました。主なやり取りはFBで行いました。スムーズとまではいかないまでも、(こちらの英語力も高いわけではないので)きちんと料金を明示してくれましたし、こちらの要望にもなるべく応えようとしてくれました。あらかじめ見たい野鳥を伝えておきました。なるべく頑張る、という返事をいただきました。

ここまで決まればあとは当日一生懸命探して、撮る!に専念できます。

Follow me

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP