シンガポールで最も自然豊かな公園 Jan2021

Sungei Buloh Wetland Reserve

中心部から、MRTとバスを乗り継いで1時間強でスンゲイブロウ自然公園に着きます。海を挟んで向かい側は、マレーシアというシンガポールの北の端っこです。他の公園と比べると何が良いかというと、大きな河がありワニやテッポウウオ、カブトガニなど多様な生き物が見れること、そして対岸にはマレーシアのジョホールバルが見えることです。

コロナ前には、月に一度のペースで日本人ボランティアの方による公園案内ツアーもありました。参加させてもらいましたが、親切に見所を教えてもらいました。オススメですよ!

ジョホールバル~~~、今は近くて遠い!!

場所は辺鄙なところですが、癒しスポットとして最適ですよ!木道が整備されているところと砂利道のところとありますが、回りやすいです。入ってすぐのところにある大橋付近で数回ワニを見ました。オオトカゲもよくいます。スマホで撮影できる距離にいることが多いので、非日常な感じでいいかも。

植物もたくさんあります。広いので野鳥撮影にはやや向いてないのかなと思うのですが、自然に癒されたいときによく行きます。土日ならバスがウッドランズから出ていて便利です。

Follow me

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP